メニュー

結節とは・・・中心結節・切歯結節・カラベリー結節

[2022.07.06]

結節、あまり聞き慣れない

言葉だと思います。

 

結節とは、歯のこぶ(突起)、のようなもので、

普通の形より複雑な場合、そう呼びます。

 

この突起に沿って、神経が飛び出ている場合は要注意です。

(神経の形はレントゲンでもわかりにくいことがあります)

 

こぶのつなぎ目に汚れがたまりすぎると、

むし歯になってしまうので、

歯磨きが大切になります。

 

よくできる場所は、

上の前歯の裏・・・切歯結節(写真の黄色い矢印)

        (注意すべき年齢:前歯が生える1歳前後から)

上の奥歯の裏・・・カラベリー結節 

     (注意すべき年齢:乳歯の一番奥が生える3歳前後、

             初めての永久歯の奥歯が生える7歳前後)

上下 小臼歯の咬むところ・・・中心結節といいます。

     (注意すべき年齢:10歳以降)

(歯の生えてくる年齢には個人差があります)

 

『この歯の形、なんかおかしい!?』

『中心結節、あるか心配!』

など、気になる場合は、ぜひこどもの歯科にご相談ください☆彡

 

【今回の写真は、『歯科医師国家試験第105回D26問題 口腔内写真』からお借りしました。】

 

 

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME