メニュー

歯科用CT 導入してます!!!

[2019.09.10]

お気づきの人もいらっしゃるかもしれませんが、

こどもの歯科も、

歯科用CT(しかも日本製★) 導入しました!!!

 

CTってなに?という方。

簡単に説明すると、

普段診断する時に撮影(デンタルX線写真、パノラマX線写真)するのは

2次元(一方向からの平面画像) であるのに対し、

CTは、3次元(全方向からの立体画像) です。

 

インプラント治療では、歯科でも一般的ですが、

小児歯科や一般歯科でも、とっても有益な診断手段なんです。

 

ケガをしたときの歯や骨の状態や、

なかなか出てこない永久歯の位置

詳しく調べることができます。

 

矯正治療の一環として撮影する場合は、私費になりますが、

外傷等、治療の一環として必要な場合は、保険適応になります。



レントゲン イラスト

 

CT撮影は、従来のパノラマX線写真と同様くらいの短時間(約30秒)

撮影が可能です。

 

パソコン上で画像を自動構築するため、現像等に時間はかかりませんが、

画像が複雑なため、診断に多少時間がかかります

(症例により、3日~1週間)

 

X線写真には、被ばく、という問題があります。

デンタル写真の10枚分程度ですが、

 たとえば飛行機に乗って日本ニューヨークを往復する間の被ばく量と、

ほぼ一緒といわれています。

(多い?少ない?)(*'▽')

 

CT撮影したほうがいいといわれたのに、

大学病院まで行くことができず、諦めていた方、

気になる事がある方、

ぜひ、こどもの歯科にご相談ください!!

 

ちなみに、最新 歯科用CTを導入したおかげで、

いままで撮影していたパノラマX線写真の画質もぐぅーーーーんとUPしました!!

これにはこどもの歯科のドクター達もびっくり!

本当にくっきりきれいに見えるんです。

こちらもぜひ!

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME